●Infomation ~このブログについて~

カテゴリ:
うぇるかむ!当サイトはENFINITY GARDEN ギャラリーコーナー
すわるねこがやりたいことをやるがコンセプトのブログとなっております。

以下の点に当てはまる方は閲覧をご遠慮くださいませ。
・同人や二次創作に
不快感を感じる方・萌え絵が苦手な方。
・アダルト表現に不快感を感じる方 及び、18歳未満の方。
(※R-18表現該当記事はタイトル欄に注意書きが有ります

 ←本家ホームページ - http://eg2.iza-yoi.net/


・公開作品に関するご意見は各記事のコメント欄まで。
 励ましのメッセージ作品に対するご批判も大歓迎。その方が上達します。

・お仕事のご依頼は【コチラ】にて受け付けております。

フリーEP 「るねこのおとLite vol.4」公開

カテゴリ:


すわるねこの趣味ではじめたDTMお勉強も、はや四回目となりました(笑。
フリーEP るねこのおとLite vol.4 公開開始でございます。

■ Track List ■
・01 Suwaruneko - Light pollution (Original Mix)
・02 Suwaruneko - at dusk (Suwaruneko Hi-Speed Mix)


ダウンロードはコチラから
(※外部サイト:忍者サンドボックスに飛びます。)

無料期間限定公開なので興味のある方はDLしてみてね。

・1曲目 Light pollution (Original Mix)

Progressiveを意識しつつ、すわるねこお得意の哀愁チックに仕上げております。
「Light pollution」は、そのまんま「光害」という意味です。
表紙のお姉さんがどことなく不気味なのは、きっとそのせいです(意味不明。

・2曲目 Suwaruneko - at dusk (Suwaruneko Hi-Speed Mix)

Lite vol.2 の曲をものすごく無駄にテンション上げちゃった系のヤツ。
ブリブリベースの追加に加え、細かいところも弄ってるので
Lite vol.2 を持ってる人は聴き比べてみてネ☆

あわせて、Lite vol.2 & Lite vol.3 公開終了です。
思ってたより多くの方にダウンロードいただいてたみたいで感激でございます。

おつかれさまだよ。プリゲット!

カテゴリ:
さらばプリゲット

昔キャラデザさせていただいたゲームが
9月いっぱいでサービス終了するらしいので、最後に担当キャラのオールスターを。
L猫さん情報ありがとう。

私はサービス開始当初に参加させていただいてたのですが
キャラクターのB・W・H、キャラ解説文からデザイン、CGまで
ものすごく自由に作らせていただいてたので、とても楽しかったことを覚えています。
(※でも、えっちなゲームだから18歳未満はプレイしちゃダメだぞ☆)

多種多様なスマホゲー時代に
ガラケーで7年間も続いてたということは、
きっとプレイヤーに愛されていた作品なのでしょう。
なにはともあれスタッフの皆様、プレイヤーの皆様おつかれさまです!

旧名義でのイラストもこれが最後(笑。

【フリー】 ゲーム素材 キャラクター ろりこちゃん(仮)

カテゴリ:
ゲーム素材 美少女ゲーム ノベル モブ

この頃同人ゲームをさわる機会が多かったので
せっかくだから私もなにか貢献できればと。

需要があるかは不明ですが、キャラクターのフリー素材投下しておきます。
ふわふわ系のロリっこをイメージました。

試作ゲームの「仮置き」として使うもよし、
美少女ゲームの「モブキャラ」として使うもよし。

ご使用の際は以下の注意項目だけ守ってくださいね。

種別:透過PNG サイズ:2160×1080 pixel

○ 出来るコト
・リサイズ加工(カット・拡大縮小 含む)
・営利・非営利 、作品種別にかかわらず無料で利用可能
・使用の際、コメントやクレジット表記等 一切不要 です。

× できないコト
・画像の二次配布/無断配布 (!著作権は放棄しておりません)
・画像自体の販売。および、加工を加えた画像自体の販売。
(!本来の使用用途に反するため、
 必ず「別の作品の一部」に組み込む形でご利用ください。)

表情と衣装の差分は
今後の更新の合間に、気分次第で追加していきます。
(ネタがないときの更新の穴埋めともいう(笑)

中の人ネタ リボルバー武内P

カテゴリ:
遊戯王 リボルバー アイマス シンデレラガールズ 武内P

中の人つながり武内Pリボルバー
急いで描いたので荒くてゴメン。

遊戯王VRAINSのリボルバーがカッコ良いし、イイ声だしで
ファンデッキを組みたくなってしまいます。

「夢中になれる何かを探しているのなら、一度IN TO THE VRAINSしてみませんか?
そこにはきっと、今までと別の世界
が広がっています。」

このページのトップヘ

見出し画像
×